ホテルでの結婚式は安心感が大きなメリット

結婚式をするなら、会場選びが大切です。
定番として、ホテルでの結婚式が挙げられます。
メリットとしては、設備が充実していることによる安心感が挙げられるでしょう。
結婚式をするとなると、遠方に住んでいる親戚や知り合いも呼ばなければならない事が多いです。
ホテルでしたら、式の前や後でもゆったりとしていられるのが大きなポイントです。
それにホテルでの結婚式をサポートしてくれるスタッフは、みんな教育をされたり、慣れている事が多く、ノウハウもきちんとしています。
そのため何か疑問があっても、気軽に質問出来るので、不安感はほとんどありません。
さらに、貸し切りのように感じられる披露宴会場があるのも良い所です。
ゲストに出す料理に関しても、和食から中華、洋食まで対応をして貰えて柔軟性があります。
広々としていますので、大勢のゲストを呼んだ派手婚等も対応が出来るのです。
ホテルでの結婚式は多くのメリットがあり、ある程度、どんな式にも対応をしてくれるのが良い所と言えます。

広告用パンフレット
手に取りたくなるようなものをお作りします

結婚祝いは出来る限り早く贈ろう

仲の良い友人や親戚が結婚するとお祝いを贈る習慣があります。
祝儀も送るため、無理して結婚祝いを用意する必要はありませんが、結婚祝いを貰った側からしたら嬉しいものです。
そんな結婚祝いですが間違っても結婚式当日に挙げるのだけは避けましょう。
何故なら新郎新婦の帰りの荷物が増えるからです。
新郎新婦の迷惑にならないためにも結婚式当日は避けましょう。
ではいつ頃送るのが最適かというと結婚式の1ヶ月から2ヶ月前に渡すとベストです。
その時期でしたら結婚式の準備でまだそこまで追われていないため、受け取ってもらいやすいです。
またこの期間に渡しそびれた場合は少なくとも1週間前に渡しましょう。
それ以降を過ぎると結婚式の準備などに追われて相手に対して申し訳ないです。
なので渡しそびれた場合は結婚式の後日に渡すのがベストです。
結婚式までに遅れなかっために失礼だと感じ、渡すのを諦める心配はありません。
また荷物が大きい場合は配達で送りましょう。
大きい荷物を相手に持って帰らす訳にはいきません。